部下のストレス管理は必要?部下のストレス管理5つのステップ【具体例あり】

モチベーション改善カウンセラーの亀井です。

●部下がストレスを抱えていてモチベーションが下がっている。

●部下のストレス管理って必要なの?

●心の問題だし、ストレス管理の方法が分からない。

こんな疑問を持っている人は多いのではないでしょうか?

✔本記事の内容

●部下のストレス管理は超重要。

●部下のストレスに気づけるようになる。

●部下のストレス管理の方法が分かる。

日々、法人クライアント様とセッションをする中で、意外と部下のストレス管理の重要性に気づいていない経営層や管理職の人が多いなと感じます。

本記事では、部下のストレス管理の重要性や部下のストレス管理の具体的なステップについて紹介します。

 

1.部下のストレス管理は超重要

ストレス管理は重要

「部下のストレス管理って重要なの?」と思っている管理職の人も多いと思います。

結論から言うと、部下のストレス管理は超重要です。

部下のストレス管理には、

●メンタル不調による退職者の抑制

●職場の健康リスクマネジメント

●部下の生産性の向上

といったメリットがあります。

詳しくは、「企業でのメンタルヘルス対策の重要性」をご覧下さい。

メリットだけでなくリスク回避にもなるので、部下のストレス管理は超重要です。

そうは言っても、ストレスは「心の問題」です。

目に見えない部分も多くあります。

では、どうやってストレス状態を判断すれば良いのでしょうか?

 

2.部下のストレスに気づく方法

上記の通り、ストレスは「心の問題」、つまり内面の問題です。

内面の問題は、外側にもサインとしてにじみ出ます。

つまり、部下が発するストレスサインに気づくことで、部下が抱えているストレスに気づくことができるのです。

✔部下が発するストレスサイン(一部)

☑笑う回数が減った

☑ボーっとしていることが増えた

☑遅刻や早退が増えた

☑仕事のミスが増えた

☑見るからに元気がないことが増えた

こんなサインが代表的なものになります。

ポイントは、「いつもと比べて」です。

「いつもと比べてどうか?」という視点で部下を見ることで、ストレスによる異変にいち早く気づけるようになりますよ。

詳しく知りたい方は、「これが見られたら要注意!社員・部下のメンタル不調のサインチェックリスト20」を参考にして下さい。

 

3.部下のストレス管理5つのステップ

5つのステップ

では、部下がストレスを抱えているサインを出していた場合は、どうしたら良いのでしょうか?

部下がストレスを抱えている時は、次のステップを踏むことがおすすめです。

各ステップの詳細は、「部下のストレスが爆発!解消するための4つのステップ」をご覧下さい。

 

ステップ1)部下のストレスに気づく

こちらは、前章の通りです。

 

ステップ2)吐き出させる

部下のストレス感情を、本人の言葉として徹底的に吐き出させるステップです。

上司は聞き役に徹することが重要。

間違っても、反論やアドバイスはNGです。

OKパターン

部下「なかなか営業数字が上がらなくて、しんどいんです・・・」

上司「そっかぁ。しんどいんだな。」

NGパターン

部下「なかなか営業数字が上がらなくて、しんどいんです・・・」

上司「そんなの努力が足りないだけだ!俺の若いころなんか・・・」

 

ステップ3)本人に分析させる

このステップでは、ステップ2の感情がなぜ起こるのか?を本人に分析させます。

例で考えると、「なんでしんどいのか?」の根本原因を本人に考えさせるということ。

部下「なかなか営業数字が上がらなくて、しんどいんです・・・」

上司「そっかぁ。しんどいんだな。」

部下「はい・・・」

上司「●●は、なんで営業数字が上がらないとしんどく感じるの?」

部下「自分だけダメ人間な気がして・・・同僚とかの目が気になってしまって、しんどいんです。」

ここが上手くいくと、ストレスの根本原因になっているものが分かりますよ。

 

ステップ4)どうなりたいか?どうしたいか?を本人に超具体的にイメージさせる

洗い出した根本原因に対して、「どんな状態だったら理想だと思うか?」を部下本人に考えさせます。

その時は漠然とじゃダメです。

超具体的にイメージさせることがポイントです。

 

ステップ5)ステップ4の状態になるためには、何が必要か?を本人に考えさせる

最後に、超具体的にイメージした状態になるために「何が必要か?」を、部下本人に考えさせます。

それこそ、アクションプランに落とし込めるレベルで、具体的に必要なことを洗い出して下さいね。

このステップで大事なのは、部下本人がやることを決めることです。

 

まとめ

本記事では、部下のストレス管理5つのステップについて、具体例を交えながら紹介しました。

結論として、部下のストレスはそのまま放置せず、管理することが超重要です。

この5ステップを使って、部下のストレス管理をしっかりと行ってみてはどうでしょうか?

 

こちらをクリックして、登録してくださいね。

↓ ↓ ↓

友だち追加

*********************

ご相談・お問合せはこちら

↓ ↓ ↓ ↓

お問合せフォーム

 

=====================

こちらの記事もおすすめです

>>部下のストレスが爆発!解消するための4つのステップ

>>部下のストレスが限界に達する前に!注目すべきサインはこれだ!

>>退職を決意してからでは遅い!部下のストレスにいち早く気づくための3つのポイント

=====================