部下に「辞める」と伝えられた時の引き止める方法を紹介【事前の対処法も】

モチベーション改善カウンセラーの亀井です。

●辞めたい部下を引き止める方法を知りたい。

●突然部下に「辞める」と言われた。

●辞めることを決意する前の対策方法を知りたい。

こんな悩みにお答えします。

 

私自身、企業の従業員ケアを含め、1,200人以上のメンタルケアを行ってきました。その中で整理したポイントなどを、できるだけ分かりやすくお伝えできればと思います。

本記事では、部下が辞めると伝えてきた時の引き止める方法と、事前の対処法について紹介します。

 

1.辞めることを伝えてきた部下を引き止める方法

 

結論から言うと、辞めることを伝えてきた部下を止めるのは、無理とまでは言いませんが、かなり難易度は高いのが実情です。

en転職コンサルタントによると、引き止め交渉の成功率8%程度というデータも出ています。約16人に1人成功する感じです。

こんな感じで、辞めることを伝えてきた部下を引き止めるのは難しいですが、上司としてはやれるだけのことはやってみる価値はあります。

部下を引き止める際に、”有効なこと”と”NGなこと”を紹介します。

 

引き止めるために有効なこと

辞めることを決めた部下を止めるためには、部下の話を徹底的に聞き、課題を洗い出すことが重要になります。

なぜならば、人は話しをしているうちに、自分の頭が整理されるもの。これは辞めることを決めた部下も同じで、部下が話しをしているうちに頭の整理がされ、「辞めなくても大丈夫かも」と思う場合があります。

また、部下が話しをしているうちに課題が明確化され、解決を約束することで退職を思い留まることも実際にあります。

ですので、上司としては部下を止めるのではなく、もう一度一緒にやっていく方法がないかを探るイメージで、部下の話を聞くのが良いでしょう。

 

引き止める際にNGなこと

反対に、引き止める際に絶対にNGなこともあります。

●上司の話ばかりをする

●励ます

●アドバイスをする

詳しく見ていきます。

 

上司の話ばかりする

辞めることを決めた部下に、一方的に「辞めてほしくない」「期待している」などを伝えるのはNGです。

なぜならば、この時点ではある程度部下の意思は固まっています。意思が固まっている相手を、いくら説得しようとしても上手くはいかないですよね。

ですので、辞めることを決めた部下に、一方的に上司の話ばかりを伝えるのはNGです。

 

励ます

辞めることを決めた部下に、「がんばれ」などと励ます行為はNGです。

辞めることを決めた部下は、これまでずっと頑張ってきた結果の意思決定です。それなのに、上司から「がんばれ!」などと言われてしまうと、「これ以上何を頑張れと言うの?」「この上司は、やっぱり自分のことを分かってない」と感じてしまい、逆効果です。

ですので、辞めることを決めた部下を励ますのはNGです。

 

アドバイスをする

辞めることを決めた部下に、上司の経験則に基づいたアドバイスをするのはNGです。

上司と部下は違う人間です。育った環境や歩んできた道、現在置かれている状況も当然異なります。そんな相手に対して、上司の経験則に基づいたアドバイスをしても、役に立たないことがほとんどです。

ですので、辞めることを決めた部下にアドバイスをするのはNGです。ただし、部下から助言を求められた時は、快くアドバイスをしてあげて下さいね。

 

以上が、部下から辞めることを伝えられた時に、上司が注意すべき点です。

では、部下が辞めないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?次章で紹介します。

 

2.部下が辞めることを決意する前に、効果的な対処法

結論から言うと、辞めることを決意する前の対処が重要です。重要というよりも、これが全てです。

上記の通り、部下が辞めることを決めてから引き止めても、非常に効果が薄いのが事実です。

ですので、辞めることを決める前が大事。

本章では、”部下が辞めることを考えている時に出るサイン”と”サインが見られた時の対処法”について紹介します。

 

部下が辞めることを考えているサイン

部下が辞めることを決める前に対処をするためには、部下が辞めることを考えているサインに気づくことが重要です。

部下が辞めることを考えている場合、多かれ少なかれ日頃の言動に”違い”が生まれます。上記の通り、辞めることを決めてから止めようとしても、なかなか難しいもの。

ですので、部下が辞めることを考えていることにいち早く気づき、対処することが必要なのです。

部下が辞めることを考えている時に見られるサインは、以下の通りです。

●サイン①:コミュニケーションが大幅に減る

●サイン②:急に受け身になる

●サイン③:ギリギリに出勤し、定時で帰る

●サイン④:会議などでの発言が少なくなる

●サイン⑤:会社のイベントに参加しなくなる

●サイン⑥:引継ぎを意識したコミュニケーションをしている

●サイン⑦:急に不満を言わなくなった

●サイン⑧:表情が常に穏やか

●サイン⑨:有給休暇を消化したがる

●サイン⑩:隠れて電話をする頻度が増えた

●サイン⑪:就業規則を細かくチェックしている

●サイン⑫:資格取得に熱が入っている

●サイン⑬:中長期的な業務に消極的

●サイン⑭:急に清潔感のある身だしなみになった

●サイン⑮:会社以外のところでビジネスを始めた

これらは、部下が辞めることを考えている時に見られる、代表的なサインになります。

サインに気づくためのポイントは、”いつもと比べてどうか?”です。

詳しくは、【見逃し厳禁】部下が会社を辞めるサイン・前兆15選【対処法も】に書いていますので、ぜひご覧下さい。

 

サインが見られた時の効果的な対処法

部下に辞めることを考えているサインが見られたら、部下の話を徹底的に聞いて、本音を引き出すことが重要です。

なぜなら、部下が退職を考えているにも関わらず、上司に相談できていないということは、部下の本音を引き出せていないことと同義だからです。

ですので、まずは部下の話を徹底的に聞いて、本音を話してもらうことが大切です。

部下の話を聞く時は、以下の点に気をつけると良いでしょう。

①アドバイスをしない

②否定をしない

③本人に考えさせる

④相手を見て会話をする

⑤相づちをしっかりと打つ

これらの点に注意しながら部下の話を徹底的に聞くことが重要。

その際は、日頃のコミュニケーションの延長線ではなく、お互いにしっかりと時間を確保して、1対1で行うことも大切です。
>>1 on 1ミーティングで大事なこと【効果と注意点も】

こちらについても詳しくは、【見逃し厳禁】部下が会社を辞めるサイン・前兆15選【対処法も】に書いていますので、ぜひご覧下さい。

 

まとめ:辞めることを決める前の対応が重要

本記事では、部下が辞めると伝えてきた時の引き止める方法と、事前の対処法について紹介しました。

本文の通り、部下が辞めることを決める前に対処することが重要です。部下が辞めることを決めてから止めたのでは遅いケースがほとんどです。

部下の退職を減らしたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

【ご登録いただいた方には、「社員・部下のメンタル不調のサインチェックリスト20」をプレゼント!】

↓ ↓ ↓

友だち追加

*********************

ご相談・お問合せはこちら

↓ ↓ ↓ ↓

お問合せフォーム

 

=====================

こちらの記事もおすすめです

>>部下のストレスが爆発!解消するための4つのステップ

>>部下のストレスが限界に達する前に!注目すべきサインはこれだ!

>>退職を決意してからでは遅い!部下のストレスにいち早く気づくための3つのポイント

=====================