1 on 1ミーティングで大事なこと

モチベーション改善カウンセラーの亀井です。

 

部下のモチベーション改善や離職防止のために、「1on1ミーティング」の重要性をよく聞くようになりました。ヤフーでは、全ての部下と毎週30分、1対1の面談をすることが義務付けられているそうです。

しかし、せっかくの1on1ミーティングなのに、形式的な報告で終わってしまっている会社も多いようです。

では、1on1ミーティングを行う際には、どんなことに気をつけると効果的なのでしょうか?

 

1.上司は聞き役に徹する

上司から見ると、部下は足りない点や指摘したい点、アドバイスした点が沢山あるとは思います。

それでも、

聞き役に徹して

下さい。

人は「自分の話を聴いてもらいたい」生き物なんです。

自分の考えや価値観は、「いったん脇に置いて」おいて、部下の話を徹底的に聞くことが大切です。

 

2.業務のことにフォーカスし過ぎない

部下との面談というと、

・目標のすり合わせ

・進捗確認

・課題や問題の抽出

・アクションプランのすり合わせ

などをイメージする方も多いのではないでしょうか?

もちろん、仕事を進めるにあたって重要なことです。

しかし、これらのことは

必要最低限

にとどめるようにしましょう。

例えば、目標1つ考えてみても、会社や上司から与えられた目標と自発的に設定した目標とでは、どちらが達成意欲が高いと思いますか?

当然、自発的に設定した目標ですよね。

であれば、部下が自発的に目標を設定出来るようなモチベーションや環境を整えてあげることが最優先です。

 

3.部下の悩みやモチベーションにフォーカスする

では、1on1ミーティングでは何をテーマにしたら良いのでしょうか?

それは、部下の悩み事やモチベーションに関係する内容をテーマにすることです。

悩みの原因は人それぞれです。職場での人間関係や、仕事が上手く進まないこと、あるいはプライベートのことかも知れません。

まずは、本人が話せる範囲で悩みを聴き、解消してあげることです。

悩みの他にも、「仕事で何を満たしたいと思っているのか?」「なぜ仕事をしているのか?」などの、部下が大切にしている価値観について話を聴いていくのも良いと思います。

部下は話をすることで、自分の価値観が言語化され自分自身で認識できます。

また、上司も「各人がどんなことを大切に考えているのか?」が分かり、それを満たすような業務分担をすることでモチベーション改善に繋げられるかも知れません。

 

まとめ

1on1ミーティングで効果を上げるためにも、単なる業務報告にならないように気をつけることが重要です。

そうすることで、部下の方に「悩みがスッキリした」「やる気が出た」と思ってもらえるような1on1ミーティングになりますよ。

 

 

最新情報を配信しています。

↓ ↓ ↓

友だち追加

ご相談・お問合せはこちら

↓ ↓ ↓ ↓

お問合せフォーム

=====================

こちらの記事もおすすめです

>>>落ち込みやすいのは性格だと諦めてませんか?【落ち込みの克服】

=====================